飼い主の心を救うこと

  ( おら、できるかな )
( おら、できるかな )

鬼怒川の氾濫で、屋根の上で救助を待っていた人とワンコ

ワンコも袋に入れて、ヘリコプターに救助されました。

濁流の音、ヘリコプターの爆音と風圧の中で

飼い主さん、ワンコと必死だったと思います。

音が苦手なワンコには、どれほどの恐怖か・・・

うちの先代ワンコは、ヘリが上空を飛ぶ音で びびっていました。

  ( 飼い主、できるかな?)
( 飼い主、できるかな?)

「ペットを救うことは、飼い主の心を救うこと」

10年前、中越地震のときの、新潟県知事の言葉です。
(追記:泉田知事は、現在も知事で、柴犬がいます)

あのとき、避難所に犬と入るのを避けて、車内で寝泊まりしていた飼い主さんが亡くなりました。今やペット同行避難が推奨されています。

 ブランパンミックス
糖質制限のパン

避難所でも一緒に過ごせるように、犬に吠えるのをなんとかしなくては。

いつも ポチ ありがとうございます   にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

こちらも ↓ おしていただけると うれしいです。

人気ブログランキング


「飼い主の心を救うこと」への10件のフィードバック

  1. そうでしたね。
    我が家でも、はなは鳴かないと思うけど
    大勢の人たちといたら、きっとストレスがたまるから
    車の中にいたいね、そう話してました。
    もちろん、犬が苦手な方たちもいますから。

    新潟県の当時の知事さんはワンちゃんを
    飼っていらしたのでしょうか。

    避難されている方たちとペットたちが
    安全に過ごせますように。

  2. 私はバルコニーに置き去りになった2頭のワンコを中継で見ちゃって…
    気になって仕方がないです~(>_<)
    飼い主さんも助けようと、外のワンコをバルコニーに上げたのに。
    大きなワンコ達だったから、袋に入れられないもんね(涙)

    飼い主さんの気持ちを考えると、切ないです(T^T)
    あのワンコ達、無事で飼い主さんに会えますように~!

  3. ぶうたさんなら 袋もへっちゃだ。
    しかし その後「ワンコエリア」で気絶?
    アハハ  って笑いごとじゃないね。
    ん~ ぶうた隊員は訓練が必要かもね。
    こんなに災害がいたるところである日本
    自分は大丈夫って思っている わしだけど
    そうじゃないかもしれん。

    わしは一人じゃけん
    守る者もなければ 失うものもない
    こたちんがいたら ハイ ハイ  ここここ
    助けて~ って人一倍叫んだかもしれん。(笑)

  4. 同行避難は、震災後、国が認めた事なのに
    まだまだ徹底していませんね。

    そういう時こそ、環境省や
    動物のお蔭で成り立ってる各団体が
    大きな声で呼びかけて欲しいものです。

    そうすれば、置いていかれる動物は
    確実に減ると思います。

    何の為の協会なんだと腹が立ちます。

  5. ★ emihanaさん
    避難所は込み合ってぎゅうぎゅうで中に入るのをためらい、一晩だけ、先代ぶうこと避難所の駐車場で過ごしました。秋晴れの日で、晩秋の冷え込みは寒く、未明に目が覚めたのを覚えています。あれほど長い夜はなかったです。そんな日を、何日も続けておられた飼い主さんが、当時のエコノミー症候群で、突然死されたのです。

    当時の知事は、現在も知事です。初当選で就任前日に地震が起きました。柴犬を飼っているそうですよ~

  6. ★ なおみさん
    そんな場面があったのですね!
    同行避難のことを考えていても、ヘリで釣り上げられることまでは・・・・・・。
    ワンコ達を残して、ヘリへ釣り上げられた飼い主さんの気持ちも、置いていかれたワンコの気持ちも、せつないです。ワンコたちが、どうか無事で!

  7. ★ こ さん
    避難所の生活は、人にもワンコにもつらいものがあります。
    贅沢いってる場合ではないとは思うものの、日本のそれはあまりにも過酷ではないでしょうか。アメリカニューオリンズの水害のとき、ベッドに寝てる姿に唖然としました。
    狭い日本、安全な場所はもうないのかもしれませんね。
    命さえ救われれば、といいますが、失って生きるのは大変だと思います。こさん、1人ならばこそ、しっかり自分を守らなければ!

  8. ★ takiさん
    同行避難のことを思う時、東日本大震災で、避難先に連れていけず、置いていかれた動物たちのことを思いますね。
    避難所へ一緒にいったが、建物の中へは入れられず、外につないでいたところへ津波が来たというワンコもいましたね。
    飼い主が連れて行っても、その先がなければ、連れてゆくのをためらう人もいると思います。避難所での対応は、場所によって違うようです。それぞれの避難所設営は、地元の方々にお願いするいうところが多いのかもしれません。
    東京都世田谷で、実際に自分が行く避難所について調べた方のブログです↓
    http://doggy.way-nifty.com/dogschance/2013/08/post-8479.html

  9. このニュース見てました。
    凄い事になってますね。
    ワンコも一緒に救助してくれるのか?
    不安でなりませんでした。
    救助された時は、ホッとしました。

    それまで、ワンコにとっては訳も分からず
    ヘリの爆音!風圧もどんなに怖かったことか。

    何かあったら、ペット同行避難の推奨は
    嬉しいですね。

  10. ★ みなみさん
    中越地震のときの「山古志のマリ」思い出した人も多かったようです。全村避難で、自衛隊機に乗り込んだ家族を、地上から遠吠えして、見送るワンコ。それがマリちゃんでした。
    あれから11年。変わりましたね♪
    ただ、避難所に入ることが、今も被災地では難しいそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。