飯綱東高原湖畔

    ( おらが好きな場所だ )
    ( おらが好きな場所だ )

小型犬用ドッグランには、ベンチがないので

ランを出て、お昼を食べに移動することにしました。

(大型犬用には、東屋があります)

   ( 広くて )
   ( 広くて )

晴れていれば

霊仙寺湖の向こうに、飯綱山が見えます。

     ( 広くて~ )
     ( 広くて~ )

ぶうたは、ドッグランよりも

湖畔の芝生のほうが楽しそうに

走り回っています。

     ( ワンコいなくて~ )
     ( ワンコいなくて~ )

雲が出ていたので

少し肌寒いくらい。

     ( うっきゃっきゃ~ )
     ( うっきゃっきゃ~ )

湖畔を歩いたら、ランチです。

———————————————————
お知らせ

新潟動物ネットワーク(NDN)フェスティバル開催
日時:6月24日(日)
会場:新潟県スポーツ公園レストハウス
入場無料

今年のテーマは「震災を考える」

福島原発20キロ圏内に残された動物たちに何が起きて、今、どうなっているか?
現地で活動を続けるカメラマン太田さん、大網さん、中島さんを
お招きして、写真展の他にビデオ映像を交えてのトーク。
 
そのほか、写真展   
  児玉小枝さん(フォトジャーナリスト)
新潟県の災害時の「ペット同伴(同行)避難」について解説、などあります。

詳細は、NDNのページ・・・コチラ

—————————————————————–

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

人気ブログランキング


「飯綱東高原湖畔」への5件のフィードバック

  1. かわいー!!!かわいー!!!(悶絶)
    ぶうたくん、お耳がダンボみたいになってるぞよー。
    一緒に走りたいなぁ♪

  2. ★Hanakoさん
    そうそう、耳がおもしろいんですよー。
    裏返っても、当犬は全然気にしません。
    寝ているときも、方耳だけなってたりします。

    一緒に走って・・・・ぷぷぷ。右往左往ですよ~。
    もう少し時間かかるかなぁ。でも、前に比べたら、とってもよくなりました。

  3. あんなに楽しそうに走るんだね。
    お姉ちゃんの時のように、ぶう君も、見ている人を
    温かい気持ちにさせていますよ。

    カメラマンの太田さん(もうーすさん)の「うちのとらまる」。
    震災直後、山路さんのところから飛んで知りました。
    むごい写真もありました。
    悲しい写真もありました。

    でも、毎日、見なければ眠れなくなっていました・・・。

  4. ★Takiさん
    ぶうたが楽しそうに走る姿を、みられるようになりました。
    やっと、普通に走るようになったおかげです。
    ぶうこ姉は、笑いながら散歩したり、走ったりしてましたが
    ぶうたは、まだまだです修行中です。

    太田さん(もうーすさん)の「うちのとらまる」で、動物たちの悲しい姿を私も見ました。
    原発推進のスローガンを掲げた誰もいない商店街の道路に横たわる、猫らしき骨。
    レスキューが合わなかった犬小屋の中のままの犬。さまようダチョウたち。
    悲しい動物たちの姿に、人間の姿を重ねて見た日もありました。
    福島だけではなく、新潟でも、どこでも、あってはならないことですね。

    ★BOSS母さん
    まいど、ねぶうたまつりに、お越し下さってありがとうございま~す。
    おやすみなさい~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。