2粒の夕ご飯

 ( 食これをべるだか )
( 食これをべるだか )

6月は楽しいお出かけがありました。

7月には、休止していたノーズワークが再開されました。

その間に、ぶうたの食欲が、みるみる落ちていました。

あれれ?と思ったり、キャベツのせいか?と思ったり。

食慾がおちてはいるものの、

なんとか食べていた7月3日に、月に一度の受診でした。

「シーシーのご褒美のおやつも食べないんですよ。」

と、言いながらヒルズの腎臓ケアトリーツを先生に見せると

先生が、それをハサミで小さく切って、ぶうたへ。

すると、食べました。

様子を見て、「痩せたり、吐いたりしたときは来て」となりました。

小粒の「キドニーケア」を取り寄せてもらうことにしました。

 ( ぽりぽり )
( ぽりぽり )

ぶうたが今食べているのは、ロイヤルカナンの腎臓サポートです。四角い大きいタイプです。

写真を撮った7月5日は、これを食べないので

小粒のキドニーケアを混ぜてみました。

 ( えーーー )
( えーーー )

やっぱり食べないので

秘蔵のさつまいもペーストを混ぜてみました。

混ぜてもダメなので

 ( ふぅ )
( ふぅ )

ロイヤルカナンの一粒を、さつまいもコーティング。

これで、食べられました。

今から思うと平和でした。

 

その後、家に残っていた、ロイヤルカナンのウェットを

カリカリに混ぜると食べるようになりました。

それと、おいもコーティングで数日はいけました。

 

7月に入ると、カリカリに混ぜるロイヤルカナンウェットを増量。

これを食べなくなる日に備えて、

ヒルズのシチュー缶をネットで注文しました。

なんと翌日には届きましたので、カナンのカリカリと混ぜると、小走りでかけよって食べました。喜ぶ姿を見るのは久しぶり!シチュー缶、買ってよかった~(3年前は、食べなくなってカナンのウェットに変えた経験あり)

しかし、今夜は、シチュー缶のフタを開ける音で、近寄ってきたのですが、顔を寄せるも、悲しそうに去ってゆきました。

いま手元にある、カリカリ2種、ウェット2種、すべてダメです。少量で出したり、温めたり、場所を変えたり、ゲームしたり・・・食べません。本犬も暗い顔して、寝室でふて寝。

毎晩、飲んでいる心臓の薬だけは、なんとかあげたくて、市販のさつまいものおやつに半分にして挟んだらいけました。このおやつは腎臓ケアではないのですが、シーシーのあとのおやつとして、ヒルズのトリーツを食べない代わりにあげています。今夜のご飯は、この2粒。朝ごはんが食べられないことは、今までもありましたが、夕ご飯は初めてです。

ご飯の前に、ジャンプして浮かれていた姿を、動画で撮っておけばよかった、、、、、、一時期、飛ばなくなったのですが、その後、復活。2か月前は当たり前のように飛んでました。

ぶうたの腎不全がわかって、来月で3年です。
3年間、調子がよかったといえます。

これからは、そうはいかないとは思うものの、これが笑い話にならないかな~という気持ちもまだあります。

というわけで、豪雨も新型コロナどころではない我が家です。

そういえば16年前の今日は、新潟豪雨でした。

欧州日本人医師会緊急掲載:新型コロナウイルスQ&A⇒こちら

イタリアの小説家パオロ・ジョルダーノのエッセイ『コロナの時代の僕ら』「コロナウイルスが過ぎたあとも、僕が忘れたくないこと」著者あとがき公開中⇒ こちら

【ぶうたココロの一句】

食べたくて 近寄るけれど さようなら

人気ブログランキング