清水寺

       ( 清水寺だ )
( 清水寺だ )

清水寺に着いたのは2時半ごろでした。

19日は平日だというのに、人がたくさん!

      ( また入るだ )
( また入るだ )

ワンコは抱っこすれば入れると、旅犬むぎちゃんのサイトで知り

いつか!と思っていた日が、ついにきました。

旅犬むぎちゃん御一行が、「犬はいくらですか?」と聞くと

「100万円!」と言われたという笑い話が懐かしい。

      ( 梅一本 )
( 梅一本 )

私も、尋ねてみたかったのですが

昔と違って、ズラリと並んだ窓口ので、言う勇気は出ませんでした。

以前は、風呂屋の番台みたいな入り口だった気がします。

・・・・といっても、「番台」を知らない人が多いかも。

       ( 晴れ舞台だ )
( 晴れ舞台だ )

 私は、ここから見る京都の夕景が好きです。

学生のころ、1日京都を回って最後は、ここに来ていました。

拝観時間が6時から日没までで(当時)、他の寺院を回っても

間に合ったというのもあります。

       ( じーーーっ )
( じーーーっ )

ぶうたも、見てます。

あとから写真を見たダンナ隊長も

「ぶうたも見てるんだねー」と感心してました。

       ( すごい経路 )
( すごい経路 )

舞台の向かいは、なにやら工事で足場が組まれ

空中回廊のようなバリアフリーの道が続き

ぐるりと回りこんで、音羽の滝へ進みます。

 

遠回りさせられるなぁ、と思いながら進むと

清水の舞台が、対岸からバッチリ見えました。

こんな高い場所から見たのは初めてです。

      ( 対岸から )
( 対岸から )

音羽の滝の前では、ロープに沿って行列ができていたので

滝をパスして、ベンチで腰をおろしてひと休み。

ぶうたを抱えていたダンナ隊長も、お疲れです。

再び、二年坂・産寧坂を下り、円山公園の駐車場へ向かいます。

午後3時を過ぎ、来たときのような混雑はおさまっていました。

      ( 帰るだ )
( 帰るだ )

 それでも、ぶうたが歩くには、ちょっと大変です。

私は、「阿闍梨餅」を買いそびれてしまいました。残念!

      ( 見上げると )
( 見上げると )

 この前、京都に来たのは、ぶうこと来た2006年2月

雨でした。レインコートを着て、ぶうこはを歩きました。

円山公園から二年坂・産寧坂まで来ましたが、雨の中

もうやめよう、と清水寺を見ずに引き返しました。

 

学生のころから、京都の1日の終わりに見ていた

清水寺からの夕景は見られませんでしたが

ぶうことできなかった、晴れた清水寺をぶうたと行けて感慨深いものがありました。

ただ、あまりの混雑ぶりに驚きました。ぶうた、ごめんよ。

 

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

人気ブログランキング


「清水寺」への3件のフィードバック

  1. 清水の舞台の向こう側には
    子安の塔があったはず
    そこから清水の舞台を見ると
    ほほぉ~・・となります。
    これだけ儲かるとボンさん
    夜な夜な祇園へ繰り出しますわねぇ・・

  2. 昔は、年に何人か、本当に飛び降りた人間がいるらしいですね。

    ボンさん。

    修学旅行のとき、長〇寺のボンさんの、女子高生を見る目が、生臭かった・・・。

  3. ★ハイジさん
    あった、あった、ありました!
    看板を見ましたが、のぼる気力がなくて、そのまま下りました。
    暑くなかったら、行けたかもしれません。やっぱり、ほほぉ~の眺めなんですね。
    ボンさん、うらやましいです。

    ★takiさん
    舞台は、前の方が下がっているようで、強度はどれくらいなんだろう?
    と、気になりました。何人まで乗れるのか?とか。
    本当に飛び降りたら、あきませんね。あくまで、「つもりで」!

    これもまた、東山かいわいお寺さんでしょうかね~?
    ハイジさんと、takiさん、まるで「徒然草」を聞いているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。