縁の活用

 ( 馬の肺、いらないだ )
( 馬の肺、いらないだ )

昨日にもまして、暖かな陽気でした。暑いぐらい。

そのおかげか、ぶうた、水を昨日より飲みました。

( もういらないだ )
( もういらないだ )

食べるほうは、なかなか。

すべての食べものを(ウェットフードも)

手のひらにのせたり、指で持って差し出していますが

ときには、ベッドの縁も利用します。

(画像は再現です)

 ( 見ないだ )
( 見ないだ )

ぶうたの口から落ちると

ころころ~

蟻地獄のように転がってベッドの中へ~

傾斜を使って、取りやすそうです。

敷物は、やわらかくて毛足の短いものが

舌でとりやすいようです。

( 寝るだ )
( 寝るだ )

以前のように、ひたすらそれを食べ続けることはなく

当たりの(口に入れた)食材にたどりついても

すこし食べるのが、精一杯になっているようです。

 

食べたくて食べているのではなく

食べる修行をしているような感じ。

 

食べる姿も

食べない姿も

尊い。

 ( ぐー )
( ぐー )

今日、口にしたのは

散歩で、ささみじゃがじゃが1本。

デビフ シニアのおやつ 4g

煮干しパフ(今日届きました)ちょこっと

砂肝なんこつサンド1本

デビフ やわらかおやつ ちょっぴり

 ( 本日の救世主たち )
( 本日の救世主たち )

全部あわせて15g程度かな。

お腹のたぷたぷも、いつの間にか消え

抱っこすると、体中の骨を感じます。

1週間で200g減量のペースできましたが、

残念ながら加速しそうです。

 

ゴールにむけて、おだやかに穏やかに。

 

欧州日本人医師会緊急掲載:新型コロナウイルスQ&A⇒こちら

イタリアの小説家パオロ・ジョルダーノのエッセイ『コロナの時代の僕ら』「コロナウイルスが過ぎたあとも、僕が忘れたくないこと」著者あとがき公開中⇒ こちら

【今日の一句】

修行僧 ついに尊とく なりなさる 

人気ブログランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。