ミラクル ハルちゃん

  ( おら、負けないだよ )
( おら、負けないだよ )

ハルちゃんと 初めて会ったのは4年前の4月でした。

ハルちゃんは、コーギーの男子です。

オトコ ぶうた7才、勝負するのか?

  ( よ、よろしくだ )
( よ、よろしくだ )

ハルちゃん9才。

ぶうた、相手を間違えたもよう。

  ( はるちゃん、顔近いだよ )
( はるちゃん、顔近いだよ )

秋のハルちゃんは、マルガリータでした。

秋でも、お顔は真夏の太陽のように、キラキラ。

  ( オトコ3匹真剣勝負 )
( オトコ3匹真剣勝負 )

コハクくんとは、兄弟犬として、一緒に暮したこともありました。

左から、7才ぶうた、8才コハクくん、9才ハルちゃん。

シニアとは認めたくない、微妙なお年ごろのオトコ3匹。

  ( 太ってないよ )
( 太ってないよ )

翌年の2月。ハルちゃん、まるまるしている理由は

クリスマスに 悪性リンパ腫がわかって

闘病にそなえ、うんと栄養つけた成果なのです。

 ( わっせ、わっせ♪ )
( わっせ、わっせ♪ )

みんなで、ぺっとかふぇスカイにも行きました。

ハルちゃんは、ろばぴょんさんのご実家で暮らすようになり

わんこ大大大好きなお父様に、溺愛されて

一家のアイドルになりました。

  ( ん? )
( ん? )

今年は、ハルちゃんも大好きだった お父様の新盆でした。

ハルちゃんが、ごはん食べられなくなったので、うちに連れてきて、お世話しています、と、ろばぴょんさんから連絡があったのは お盆の数日前。ハルちゃんは、2か月前に、口腔内メラノーマを発症していました。

  ( えへ )
( えへ )

「ハルちゃん、ごはん食べられないのに

全然、苦しそうじゃないんだよね。」 と、ろばぴょんさん。

お顔は以前よりほっそりでしたが、たしかに笑顔でした。

3年6か月前の この写真のように。

  (  ありがとう )
(  ありがとう )

お盆の13日、ぶうたがお寿司の袋に、頭、突っ込んでいた日。

ハルちゃん、旅立ちました。

悪性リンパ腫で3年8カ月。13才。

よくがんばったね。

と、最愛のお父様が迎えに来てくれたと、私も思いました。

8才で、ろばぴょんさんのご実家の家族になって

クリスマスに余命数カ月だったのに、ミラクルを起こしたハルちゃん。

でも、ハルちゃんのミラクルはそれだけでは ありません。

1回目の飼い主から手放され、譲渡先の2回目の飼い主からも手放され、3回目に、かけがえのない家族に巡り会いました。

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

不要犬ってなんだろう。必要とされる人間ってなんだろう。

ポチッと ひと押しお願いします →  にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

こちらも ↓ おしていただけると うれしいです。

人気ブログランキング


「ミラクル ハルちゃん」への10件のフィードバック

  1. ハルさん、今ごろ元気いっぱい
    駆け回ってるかな。

    お顔はいつだって、にこにこだもんね。

    あちらでも、うんとにこにこで
    きっとみんなもにこにこ。

    私も泣き笑い。
    ハルさんのにこにこのおかげです。

  2. ハル君 幸せワンコだねえ~

    今頃 美味しいもの いっぱい食べてるね!

    良い子だ 良い子だ~!

  3. ハル君、おじいちゃんと一緒にいるかい?

    ペットブームの今
    最初の飼い主のようなのは
    掃いて捨てるほどいる。

    それより、二度目の譲渡先が気になる。

    時間はかかったけど
    ついに巡り合えた、ろばぴょんさんご一家。

    良かったねぇ、ハル君。

    旅立ちには
    いい思い出だけ持って行けば幸せだよね。

  4. ハルちゃんは 自分で 幸せの赤い糸を
    手繰り寄せましたね。
    ニコニコのお顔が 全てです。

    命あるものを 平気で放棄した人達。
    その命を 慈しんで愛した人達。
    ハルちゃん お空から よく見ててね。

  5. ★ emihanaさん
    ハルちゃんは、こう見えて雷が苦手で
    お父様のベッドに、飛び乗っていたそうです。
    ドッカーン!お父様も一緒に耐えていたんですね。
    お空の上なら、もう雷も落ちて来ません。

    一緒に暮した年月は、犬生の半分にも満たなかったけれど
    ハルちゃんの犬生の後半は、キラキラ輝いてました。

  6. ★ BOSS母さん
    ハルちゃんの犬生の前半戦は、苦難に満ちたもの
    だったはずですが、後半戦は賞賛の嵐!
    「ハルちゃん、偉い!」
    「ハルちゃんがいてくれてよかった!」

    最後は好きなものだけを食べて、がんばったそうです。

  7. ★ takiさん
    ハルちゃんは、お盆におじいちゃんが迎えてきてくれて
    大喜びで一緒にいったはずです。
    ビールで晩酌の隣で、枝豆食べてますね。

    人間大好きハルちゃんが、なぜこんな運命に
    と思わずにはいられませんが、そのまま放置されずに
    返されて、本当によかったとろばぴょんさんは言ってました。わたしもそう思います。

  8. ★ 三匹の母さん
    ハルちゃんは保護された状態からして、
    そうとう大変な犬生だったと思われるのですが、
    譲渡先から返されたときに、これ以上ハルちゃんにつらい目には合わせられないと、ろばぴょんさんが決心しました。

    ご実家では「ハルちゃんがいてくれてよかった」
    と、ご両親に言われました。生きてよかった!
    ずっと人間が大好きなハルちゃんです。

  9. 人気の猫のブログで・・・。

    数年前に譲渡された兄弟猫が
    引っ越しの為に捨てられたそうです。

    それを譲渡した側が知ったのは
    8か月後。

    いま必死で探しています。

    その時は、良い人と思って譲渡しても
    とんでもなかったりするんですよね。

    信用できると思って知りあいに託しても
    一週間で外飼いにされた例もあります。

    難しいですね。

    譲渡に慎重になりすぎても
    その子の将来が開けないし。

  10. ★takiさん
    思ったように飼えなくなったなら、譲渡した側に連絡くれたら・・・やりきれませんよね。譲渡された動物が、幸せになるようにと、愛情を注ぎ、お世話をしてつないだ命なのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。