狂喜乱ぶぅアキレス腱

  ( うりゃ~ )
( うりゃ~  )

新しいセーターを着て

それでは、ぶうたに舞ってもらいましょう

 ( ザザッ )
( ザザッ )

ひとしきり 舞って後半は、ベッドに移動

続きは 動画でどうぞ。

YouTube Preview Image

食べ始めるところまで 撮影しました。

前半省略。

長かったです。

 ( あひ~♪ )
( あひ~♪ )

好きなものを食べるとき、犬相が悪くなりますよね。

 ブランパンミックス
糖質制限のパン

ときおり降りましたが、雪がとけ始めたので、道路ぐちゃぐちゃ。

ぽちっと ひと押しお願いします。 →   にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

こちらも ↓ おしていただけると うれしいです。

人気ブログランキング

「狂喜乱ぶぅアキレス腱」への10件のフィードバック

  1. なんの前情報もなくこの乱舞を
    初めて目撃していたら、
    拒絶の舞 、と思ってしまうかもしれません。
    あれだけ踊って拒否してもコレだけ?
    と仕方なく食べ始める図、と。
    はげしいダンスの後のアキレス腱、
    美味しいことを祈っています。

  2. 世の中では、なんか人間の男女の
    何とかダンスと言うのが流行ってるらしいですが
    断言します。
    狂喜乱ぶぅの方が100倍可愛い。

    セーター姿のぶうたさんが
    可愛いことももちろん
    アキレス一本のために
    ここまで本気で舞えるなんて!
    その無垢さに心打たれずにはいられません。

    ああ、健気なり・・・

  3. 誰にも取られないって
    分かってるからの余裕の狂喜乱舞ぅね。

    最後の一枚。

    禁酒法時代の
    アルカポネを彷彿とさせるショットね。

    アンタッチャブル!

  4. やっぱり 喜びは身体全体で表現しなきゃね。
    アキレスも本望よ。

    しかし けちけちつまぽんは健在かよ。(笑)
    新しい年  こんなに可愛い子に たった 1本
    5ダスーぐらいやっちゃおーぜ。

  5. ぶうたちゃんの狂喜乱ぶぅ可愛い~♪
    アキレス腱どっかいっちゃってるし(笑)
    さんざん舞って食べ始めるきっかけは
    何なんでしょう?
    犬相悪くなる時ありますね~(笑)
    セーターとっても似合ってます。

  6. ★ 松の実さん
    た、たしかに、そうですね~
    知らずに見たら、アキレス腱に不満で、こんなのいらない
    とやってるように見えますね(笑)
    まったく、思いもしませんでした!

    実は、私も最初は、「なんだ食べないんだ」と、
    回収したことがあります。そのときは、舞わずに即食べました。好きなものは、すぐに食べないタイプなのです。
    これが、白いガムだと、ホントに拒絶します。

  7. ★ emihanaさん
    首を回すところが、なんか怖くてできない私です。

    ぶうたの舞は、狩猟ごっこみたいですが
    時折、見失うので、どうなんだろう~と不思議です。
    おもちゃ&おやつなんでしょうか。

    当犬は、楽しんでおいしくて、喜び二倍なのです!
    あぁ、アキレスは最高です。

  8. ★takiさん
    たしかに、以前、私が回収したときは
    舞わずに即、食べ始めました。
    子供のころには、できなかったのかなぁ。

    かなりのワルぶりですよね~
    おっと、アンタッチャブルといえば、先代ぶうこです。

  9. ★ こ さん
    ほんとに、アキレス様様です。
    はい、アキレス様にも喜んでもらえてうれしいです。

    えっ?アキレスは1本じゃないんですか?
    食べすぎに注意ですよ~
    でも、昨夜は雷のなるなか、気分を紛らわせようと
    1本差し出しましたら、即、食べました。

  10. ★ まおママさん
    とっても楽しそうなのですが、本気で見失ってます(笑)
    ベッドを裏返す意味が不明ですが、喜びの表現ですかね~

    食べ始めるきっかけは、特にないみたいです。
    盛り上がってるな~と思うと、さっと我にかえって食べてます。
    セーター、ほめてくださってありがとうございます。
    まさに馬子にも衣装です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>