平城京跡と朱雀門

  ( 平城京跡 )
( 平城京跡 )

12月の奈良、抜けるような青空でした。

奈良公園から車で15分 平城京跡 です。

 ( どっちだ?)
( どっちだ?)

平城遷都1300年のころ 奈良のマリンちゃんが訪れてるのを見て

ずっと行ってみたいと思っていました。

   ( 朱雀門だ )
( 朱雀門だ )

復元された 朱雀門です。

この門の上の楼に、老婆が住んでいたのですね

・・・・・芥川龍之介の「羅生門」を想像中。

   ( 朱雀門 )
( 朱雀門 )

次は、線路の向こうの大極殿です。

   ( 踏切わたって )
( 踏切わたって )

田舎と違って、電車が、通ること、通ること!

線路の向こうは、土だけの広場?

   ( ぶうた舞の奉納 )
( ぶうた舞の奉納 )

ぶうた、 スリスリ態勢

しかし、大極殿の塀の向こうは、ワンコはNGでした。

人間は入れます。

 ( おら入れないだよ )
( おら入れないだよ )

ぶうたと記念写真を撮って、ここで引き返しました。

   ( 帰ろ~ )
( 帰ろ~ )

帰るとわかると、足取りが軽い ぶうた。

   ( スタスタ )
( スタスタ )

4時近くなり、太陽が傾いてきました。

  ( いい天気だなぁ )
( いい天気だなぁ )

ススキが輝いて

冬とは思えない 穏やかな日。

  ( 早く撮るだよ )
( 早く撮るだよ )

朱雀門で、記念写真撮影中。

電車 通過中。

   ( 近鉄特急 )
( 近鉄特急 )

ビスタEXも通りました。

初めて近鉄特急乗ったとき、おしぼりもらって感動しました。

   ( 針の夕暮れ )
( 針の夕暮れ )

天理で夕ご飯を買い物して、針の旅籠屋へと戻りました。

奈良の夕焼け、力強くまぶしかったです。ありがとう奈良!

ぼ歩きとおしです。

ぶうたも、よくがんばりましたが、私の足に豆ができて痛い。

県庁前の小さな池のほとりの柵に腰を下ろして

ダンナ隊長が、駐車場から車を取ってくるのを待つことに。

ぶうたも、心配して私をじっと見てます。

と、思った次の瞬間、私の腿にドンと飛び乗ったのでした。

 ブランパンミックス
糖質制限のパン

平城宮跡で 奈良大立山まつり  2/2まで開催中です。

いつも ポチ ありがとうございます   にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

こちらも ↓ おしていただけると うれしいです。

人気ブログランキング


「平城京跡と朱雀門」への6件のフィードバック

  1. つまさん。色々なところに行っていますね。
    ぶう太くんも、幸せです。
    懐かしい「平城京跡」です。
    ここは、本当に だだっ広いですね。
    犬も飼い主も、いい運動になりました。
    その時は雨だったのですが、写真を見ると、やはり晴れがいいです。
    大極殿の赤がこんなにきれいだったのですね。

  2. しかし、こうしてみると
    昔の都は本当に平。
    そしてここに碁盤の目のような道が行き交って・・・
    実に整備された都市作りだったのがわかりますね。

    ただし、それも今は昔。
    だだっ広い夕暮れの大地には
    冷たい風が吹き渡っていそうです。
    最後のぶうたさん、我慢も限界?

    抜けるような青空に奇跡的な夕景。
    まるでプロのような写真の腕前ですね、つまぽんさん。

  3. ★ ひでさん
    平城京跡と朱雀門を一度見たかった私です。
    ぶうたは、やっぱり山や草原、広場がうれしいと思います。
    あ、広いから、ここもよいですね。
    ひでさんが行かれたときは、雨でしたね。
    この日は、資料館などが全部休館で残念でした。
    大極殿の赤、当時の人々が見た景色に想像をめぐらせました。

  4. ★ BOSS母さん
    おほっ。ぶうたでおじゃるだよ・・・by ぶうた

  5. ★ emihanaさん
    そういえば、少し前のブラタモリで、奈良をやってました。
    テーマは「奈良発展の秘密は段差にあり」
    内容は・・・忘れてしまいましたが、平城京跡にも行ってました。
    今は、土ぼこりが舞いそうな姿ですが、あのころを
    思い起こすには十分な広場のような気がしました。
    今は昔、ここをワンコも歩いていたのかも・・・

    新潟から行くと、風の冷たさよりも
    太陽の日差しの強さに暖を感じました。
    同じ青空でも、新潟のそれとはパワーが違いますね。
    写真は、実物そのまんまです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。