動物愛護フェスティバル2

       ( おらも愛護するだ )
( おらも愛護するだ )

動物愛護フェスティバルの続きです。

   ( NDNブース )
( NDNブース )

新潟動物ネットワークのテントの下には

譲渡候補の動物たちが来ています。

    ( いぇ~い♪ )
( いぇ~い♪ )

12- D-33 マルチーズ 7歳オス 通称こはく君。

前回の譲渡会でも会ったね。

あのときより、また賢くなったんじゃないの?!

ぶうたは、2回目のご対面かな。

     (よいこだね~ )
(よいこだね~ )

 楽屋裏で休憩中。

ゲージの中でも、静かにしています。

13-D-12 MIX オス 推定8歳ぐらい

     ( なかよし )
( なかよし )

 ハンモックの中で、寄り添うニャンコズ。

    ( 君も、よいこだね~ )
( 君も、よいこだね~ )

 福島県の三春シェルターから来たワンコです。

 13-D-13 MIX オス 7歳

君を見ていると、笑顔になります。性格のよいこです。

    ( スタートだ! )
( スタートだ! )

 さて、フィールドでは来場ワンコによる、ゲームが始まりました。

人間は、お玉にボールを乗せたまま、走ります。

  ( 負けないだ )
( 負けないだ )

 お玉のボールを落とさないように、コーンを回ります。

     ( うへぇ! )
( うへぇ! )

 お玉競争の次は、オスワリでカード獲得競争。

カードの上にオスワリして、当たりが出たら優勝です。

   ( ずん )
( ずん )

ぶうた、惜しい!もう少し前へ~。

いえ、楽しければいいんです。

     ( 帰るだ~ )
( 帰るだ~ )

 そのあとは、アジリティ体験タイム~♪

好きなものを、自由に挑戦できます。

フィールドは、ワンコが、わらわら。

    ( ぽん )
( ぽん )

ぶうた、まいう~♪

    ( 帰る、帰る~ )
( 帰る、帰る~ )

手伝ってもらって、トンネル通過~♪

とっても嫌がっていたのに、よくできたね~と言われました。

ぶうたが嫌なのは、トンネルではなくて、ワンコと一緒にいることなのでした。

    ( おつかれさま )
( おつかれさま )

里親募集中ワンコたち、帰る前に、お散歩休憩。

     ( 絶対に帰るだ )
( 絶対に帰るだ )

 あ~、楽しかったです。

 

新潟県内、各地の動物愛護フェスティバルの様子が

動物ネットワークのブログで紹介されています。

新潟動物ネットワーク の次回の譲渡会は10月です。

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

動物愛護フェスティバルには、先代ぶうこのころから

ほぼ毎年出かけています。会場には、よいワンコが、いっぱい!

ワンコが多すぎたのか、ぶうたは、ひと声も出ませんでした。

動物愛護フェスティバルを満喫したぶうたに、「押すだよ!」を押すだよ。

人気ブログランキング


「動物愛護フェスティバル2」への6件のフィードバック

  1. 前回のびびびのびびり~のぶうたさんを見て
    小学校1年の最初の参観日を思い出しました。
    周りの生徒も先生もいつもと違うハイテンションに
    異様を感じずーっと下を向いていて、
    親を悲しませた自分です。

    みんな良い子~新しい飼い主のもとに
    旅立てますように!

  2. ”13-D-13”も”13-D-12”も素敵です!

    こういうワンコがお散歩してたら、すぐに話のきっかけを探るtaki
    です。

    お友達になりたいもの・・・。

  3. takiさんとワンコの好みが一緒~
    嬉しいな!
    つまさん、細いんですね。
    スキニーですね。
    羨ましい~

  4. 「お玉」の扱いが上手い”つまぽん”。

    ”松の実さん”と”つまぽん”の「しるえっと」は
    似ていると思います。
    えぇなぁ~~。

    ”つまぽん”と”隊長”が並ぶと、見栄えが良さそう。

    ウチは”ころりん”と”ころりん”ですがな。(哀)

  5. つまさぁぁん、ぶうたちゃぁん、こんばんは~
    ぶうたちゃん、ワラワラ動き回るワンコの集団に固まってましたねー
    苦手なのね
    でもレースは頑張りましたぁ
    エライ!!
    (*^-^*)

  6. ★松の実さん
    小学校1年の松の実さん、とってもナイーブなお子さんだったのですね。
    今や、どんぱくで、大活躍!
    ぶうたも、松の実さんのように・・・・と願う親心?です。

    近年、新潟県では、動物愛護(管理)センターが、譲渡活動を積極的にするようになりました。それで、NDNでは、センターで譲渡対象にならいワンコの里親さんを募集しています。なので、すぐには希望者さんが現れないことが増えたようです。でも、その分、ボランティアのスタッフさんのお宅で、手厚いケアを受けて、家庭犬らしさを身に付けています。

    ★takiさん
    ふふふ。でしょう~♪
    私の目に狂いはなかったです。

    え!松の実さんと、似ているなんて、光栄です。
    「しるえっと」は、半身になるように心がけています。
    カメラに対して、体をねじって、映るのです。
    すると、あら不思議、ころりんが、ほら・・・・。おためしあれ~。

    ★松の実さん
    ふふふ。やっぱり~♪
    え?私が、なんですって?
    私が・・・・もう一回、言ってくださいな♪うひひ。

    ★あっつぁんさん
    こんばんは~!そうなんですよ。
    去年なんか、おやつも目に入らず、逃げ惑ってました。
    それに比べたら、これでも、かなり進化です。
    一応、ゴールに向かって進めました!
    あ、ゴールの先が出口だったからかも・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。