松川渓谷(雷滝)

         ( げげっ。 )
         ( げげっ。 )

長野県高山村の松川渓谷。

八滝の次は、雷滝です。

平日なのに、駐車場は老老男女で賑わっていました。

駐車場から階段を下ってゆくと

目の前に滝が現れました。

       ( 少しぬれました )
       ( 少しぬれました )

そして、滝の中へ。

       ( うらみます )
       ( うらみます )

雷滝は、「うらみの滝」とも呼ばれています。

「恨み」ではなく「裏見」です。

滝の裏側を歩くことができるんです。

裏側から滝を見て、反対側の展望台へ行きました。

        ( 展望台から見るだ )
        ( 展望台から見るだ )

展望台から見ると、大迫力。

        ( 「ここ」を歩いてきました )
        ( 「ここ」を歩いてきました )

滝の裏側も、水しぶきがすごかったです。

       ( 行きはよいよい。帰りは・・・ )
       ( 行きはよいよい。帰りは・・・ )

そして、ぶうたは抱っこ。

けして、自分歩けないわけではありません。

階段が危ないから、と、ダンナ隊長が言ってました。

       ( この先、紅葉中 )
       ( この先、紅葉中 )

標高1200mは、肌寒かったです。
この先、紅葉が待っています。

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

人気ブログランキング


「松川渓谷(雷滝)」への3件のフィードバック

  1. あ、、、うちのダンナ隊長も 階段が~
    とか 言いながら デヴィを抱っこしそう、、、
    動くホッカイロだもんな~(笑)

    滝の裏 気になります~
    冬は凍るのでしょうか?
    水量が多くて 凍らないかな?
    って 凍るほどの滝なら 私 近づけないし(涙)

  2. 滝といえば、思い出されるのは「ナイアガラ」のモンロー。

    越後のモンローも滝に行っただな・・・。

  3. ★BOSS母さん
    あらら、お宅のダンナ隊長さんも~♪
    デヴィちゃんなら、ひょいと片手で抱っこちゃんしたくなりますよね。
    ぶうたは、6.3キロなので、最後はおろしてました。
    ぶうたは、勢い余って、階段踏み外したりするんですよ。

    冬の雷滝、氷結するそうです!検索したら、すごい画像がありました。
    通れる場所が狭くなってて、かなりスリルありそうでしたよ。BOSS母さん、行く?

    ★takiさん
    ナイアガラのモンロー、検索してみました。怖いお話なんですね。
    新潟でナイアガラといえば、長岡祭りの花火ですて!
    橋の欄干に、花火をしかけて、両方から着火します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。