1ヵ月ぶりの病院

乗るだ、乗るだ!
乗るだ、乗るだ!

先月、自宅で肛門腺絞りをしたあと、
ぶうたのお尻が、赤くはれていました。

動物病院でK子先生に診てもらい
1ヵ月、肛門腺絞りをお休みしました。

そして、今日、1ヵ月ぶりに受診しました。

ぱくっ。
ぱくっ。

ぶうた、診察台に乗ろうと必死です。
K子先生も、おやつを出して、応援しましたが、自力では無理でした。

「助走しないと無理だよね~。」って、言われました。
助走したら、乗れる?!

あへ。
あへ。

診察台に抱っこで乗って、体重は6.35キロ。
順調に肥えました。

耳と、いつもの指の間を診察してから
1ヵ月ぶりの肛門腺絞りです。

すっきりだ。
すっきりだ。

「金属の匂いなんだよね~。」
と、K子先生。

たしかに、そうです。
少しさびたような金属のにおいが、ぷ~んぷん。

おやつ、おやつ♪
おやつ、おやつ♪

先生や、スタッフさんが、後ろへ動くたびに
おやつと思って、身を乗り出すぶうたでした。

お尻の赤いのは、きれいになくなっていました。
肛門腺絞りが、原因ではなかったという結論になりました。

ぶうたは、2~3週間に一度、絞るのがよいようです。
高齢になると、ふんばりが弱くなり、自分で出せずにたまったり
下痢がちなコも、たくさんたまるのだそうです。

一方、ワンコによっては、一度も絞らないコもいるそうです。
ぶうこ姉も、歳とってから数回、先生に絞ってもらっただけでした。

ぎゅっ。
ぎゅっ。

「どのくらいの強さで、やったらいいか、わからなくて・・・。」
というダンナ隊長に

k子先生は、絞り加減を、実演してくださいました。
「けっこう強くなんですね。」
これで、ダンナ隊長も、自信を持って絞れそうです。

おら、ミタだ。
おら、ミタだ。

終わったかと喜んだ雪が、また積もってしまいました。

また雪道になっただ。
また雪道になっただ。

道路もまた、雪道に逆戻りです。

ここにキメてるだ。
ここにキメてるだ。

ぶうたは、相変わらずです。

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

人気ブログランキング


「1ヵ月ぶりの病院」への7件のフィードバック

  1. お~! ぶうた君立ち上がってますね~!!
    これで、跳ね上がれれば乗れるかもしれません。

    うちの「リリ」はもしかすると上がれるかもしれません。
    台所でシンクに前足がすっかりかかっておりますので・・・。
    (あまり、良い事ではない・・・?)

    まあ、気を取り直し、がんばれ!ぶうた君!!

  2. もしかして、ぶうたくんは病院大好きッコ?

    肛門腺絞り、私はしたことがありません。
    結構ヘタレ(屁こきという意味ではないですよ)で、いざというとき困りそうです…^^;
    自分でできるなんて尊敬~!

    明日から3月、でも暖かくなるのはまだ先かな…。
    待ち遠しいですね。

  3. あ!行った!
    スミマセン テストしてしまって。

    デヴィもぶうたさんのように 病院を好きになってくれたら良いのに~!
    そして ダンナ様のように ウチも お尻絞り 教わってくれたら 良いのに~!
    あ、私が習うのかな?(笑)

  4. ぶう君、お利口さんだこと!

    おばちゃんは、ニャンコを病院に連れて行くだけで、クタクタになっちゃうの。

    1月末に黒豆の「コロコロ」を取ってきました。
    「7ヶ月齢まで待った方が良い」という話も聞いたので「2月にしようか」
    とも思ったのですが、怪しい行動をし始めたので・・・。

    その時の体重は4.78㎏。
    おそらく今は5㎏はあると思います。
    デカイです・・・。
    追加料金取られたし・・・。

    いっしょに、眼の方も診てもらいました。
    「第3眼瞼の異常」だそうです。
    眼球自体は正常な大きさまで成長しているのですが
    「第3眼瞼」が眼球を覆っている為に、見える範囲が狭いのです。

    動物にも「眼科」の専門医がいるそうですね。
    保護した時に「この仔の個性と思ってあげてください」と先生が仰いました。
    家の中で暮らしていくのだから、私もそれで良いと思っています。

  5. おお~~、お引越しだったんだ。

    どうしちゃったかと思ったぜいっ!

  6. ★ルンぱぱさん
    テーブルなら、まだしも、診察台でも、やるとは思いませんでした。
    リリちゃんは、台所のシンクに届いてるんですね!
    うぶたと同じぐらいの体格かな~と思っているんですが・・・
    これは、チワワの血のなせるわざなんでしょうかねぇ。

    ご飯の前は、うさぎのように?跳ぶので、私はお皿を下げて運んでます。

    ★まっこさん
    先代ぶうこ姉が病院嫌いで、苦労した経験があるので
    (晩年は、大好きになりましたけれど)ぶうたには、このまま
    病院=おやつ 路線でいってほしいものです。
    先生が、後ろを向くたびに、おやつをくれるのかと、身を乗り出してました。
    でも、奥から「ワンワン」とか聞こえると、震えてしまうんですよ。
    ほかの患犬さんがいないと、わがもの顔です。

    肛門腺しぼりは、ぶうこ姉ではできませんでしたが、ぶうたは、たまりやすいせいか
    ダンナ隊長でもできました。でも、これでよいのか、自信がもてないんですよ。
    もっと絞るべきか、絞りすぎじゃないのか、と。ときどき、先生にやってもらうと安心です。

    ★BOSS母さん
    テストありがとうございます。
    気がつかなかったんですよ~。

    デヴィちゃんは、病院嫌いですか?あ、それが普通?
    K子先生の病院は、先生も、スタッフさんも、みんなでおやつをくださいます。
    ぶうたには、パラダイスです。先生が、うっかり忘れてるときは、私から催促してますの。
    肛門腺絞りは、ダンナ隊長にお任せしてます。オトコ同士だから。。。

    ★takiさん
    病院、おつかれさまです。私も、ぶうこの通院は、最初、気が重かったです。
    k子先生が開業されて、ホントに助かりました。
    ワンコもにゃんこも、病院は行きたくないところですよね。あ、人間も。。。

    第3の眼瞼は、通常は見えないところにあるんですね。(検索して知りました)
    保護されたときの、獣医さんの言葉、私も同感です。
    医療のベストが、ベストとは限らないと思います。動物でも、人間でも。

    J家のベッキーちゃんは、耳が聞こえません。でも、一緒にいて、私は、全然気がつきませんでした。

    お引っ越し、といいますか・・・・・・一時避難かもです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。