11月最後の通院

 ( 朝の補液やっただ )
( 朝の補液やっただ )

今朝は、わりといいお顔でした。

おすわりまでしたのに

食べさせることができませんでした。

(→食べられるものを出せなかった。痛恨の極み)

 

( ささっ )
( ささっ )

今日は、週に1度の動物病院へ。

先週とほぼ変わりない感じで

体重は、200gほど減少。

これも、先週と同様です。

「このままがんばりましょう」と先生。

ぶうたは、なんと答えたのかな。

 ( なんだろうなー )
( なんだろうなー )

帰宅すると、いつもの散歩。

うんPが出ません。

今週は、そんな日が時々あります。

今までは、食べてなくてもpーが出ていたのですが。

 ( Zzzz )
( Zzzz )

目的地の「止まれ」まで歩いて

帰りは抱っこで。

 

先日の13才の柴わんこと、また会いました。

元気に歩き去る姿を、ぶうたも見つめていました。

 

ゆっくり歩いているので、知らない人から

「お年ですか~?」と聞かれます。

病気のことを説明するのも難なので「はい」と答えています。

13才のわんこは、まだまだ歩けます。

 ( ふぅ )
( ふぅ )

朝夕の補液のとき

何も食べないのは、もう日常。

 

今日は、お水は2回飲んでいますが

なにもまだ食べません。

(夜中にかけてみますが、、、)

 

夕方の補液は、オスワリが崩れて寝た状態でやりました。

終わって、ぐったりぐっすり眠っています。

 

昨夜は、ぶうたは自分のベッドで寝ていました。

心配なので、ベッドごと私の側へ移動。

私のベッドへ乗る気力、体力がないようでした。

 

ベッドにぶうたがいない夜

何年ぶりだろう。

先生から言われた11月

超えられると、浮かれていたのですが

11月の壁は、やっぱり高いのかもしれません。

 

ぶうた、明日、明後日

新しいおやつ&ごはん届くよ!

欧州日本人医師会緊急掲載:新型コロナウイルスQ&A⇒こちら

イタリアの小説家パオロ・ジョルダーノのエッセイ『コロナの時代の僕ら』「コロナウイルスが過ぎたあとも、僕が忘れたくないこと」著者あとがき公開中⇒ こちら

【今日の一句】

いるだけで いいけどがんばらなくていい

人気ブログランキング


「11月最後の通院」への2件のフィードバック

  1. ぶうたさん 頑張ってるね~
    暖かくね ゆっくり寝て、、、
    出すもの出して で ね

    来週 房総に イノシシジャーキー
    仕入れに行く予定なんだ~
    待っててね!

  2. ★ BOSS母さん
    今のところ、寝るのは大丈夫ですが
    ほとんど食べないので、出すのが大変。

    冬といえば房総!(私基準)
    房総、楽しんできてくださいね~
    イノシシジャーキー、いくつか試したのですが食べず。。。似たもの同士のにおいがするんでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。