エゾジカジャーキー

 ( ぐー )
( ぐー )

ぶうた色のシーツは

おねしょに対応できる人間のシーツです。

 

木曜日は

かねてより噂のプリンを購入。

以前、森永のプリンを食べなかったのですが、これなら!

 ( 森永 焼きプリン )
( 森永 焼きプリン )

残念ながら、これも食べませんでした。

人間がおいしくいただきました。

そして、いただきもの

エゾジカジャーキーに期待をこめて100万点!

 ( エゾジカジャーキー )
( エゾジカジャーキー )

ウェットは、この2つで勝負!

結果は、エゾジカジャーキーのひとり勝ち(他は食べず)。

ちょうど半分ほど食べました。

その後は、休止中。半分食べたら、御の字です。

木曜日は、エゾジカジャーキーのおかげで助かりました。

ありがとうございました。

 ( ふぅ。 )
( ふぅ。 )

最近、頭がほーっとしてるのか

情報が錯そうしているのか

聞いた食材を忘れること多し。ボケたか。

 

いまのところは、補液(皮下点滴)の回数を増やして最優先。というか、それができるすべてです。自宅で針をさして皮下点滴をするので、ぶうたの協力なしでは不可能です。よぼよぼしていますが、人間のベッドに飛び乗る力はありますし、散歩で小走することもあります。食べたくないちゅーるを舌につければ、逃げながら飛ばしてます。そんなパワーがあるので、協力体制に支障がおきそうな強制給餌は考えていません。先生からも、治療に影響が出るからしないように言われています。いまは、固い棒状のおやつ、ガリガリ食べることもあるんです。(薬を隠して入れやすい

 

 

 

欧州日本人医師会緊急掲載:新型コロナウイルスQ&A⇒こちら

イタリアの小説家パオロ・ジョルダーノのエッセイ『コロナの時代の僕ら』「コロナウイルスが過ぎたあとも、僕が忘れたくないこと」著者あとがき公開中⇒ こちら

【今日の一句】

勝負師は 1勝すれば 大勝利

人気ブログランキング