保護犬と幸せ

 ( Zzzzz )
( Zzzzz )

今日も晴れた新潟です。
こんなこと、本当に珍しい。明日からは通常通り雨です。

今朝、春の陽気にぼーっとインスタを眺めていると
衝撃的な内容が飛び込んできました。

「朝の散歩で、ほなちゃんを逃がしてしまいました」

うそやろ、思いました。

先日、ほなちゃんがつくちゃんについて玄関へ向かい

散歩から帰ろうとしないので、帰りはお尻を押しる

というのを読んだばかり。

保護犬で預かり中のほなちゃん、調子出てきてるわ~思ってました。

お仕事前だったと思いますが、それからの対応はめっちゃ早かったんだと思います。お昼ごろには、「無事帰りました~」と投稿されてました。いや、よかった!ほんまによかった。

 ( ふふぁ~ )
( ふふぁ~ )

預かり中の保護犬は、今度こそ幸せになるための準備期間。

何人もの人の手を借りて、そこにいるこが多いです。

幸せの準備期間に、迷子になったら、泣いても泣ききれませんやん。

第二の犬生を歩んでる元保護犬に「幸せになってよかったね」と、言われることがありますが、違います。

迎えた家族が、保護犬に幸せにしてもらっています。

ほなちゃん、あなたを待ってる未来の家族を幸せにするために、戻ってきたんだよね。

【ぶうたココロの一句】

おらだって 幸せ運ぶ 元保護犬

★柴犬(1才9カ月)の里親さん募集中です★
詳細は新潟動物ネットワークのブログ記事から→こちら

こちら ↓ おしていただけると うれしいです。

人気ブログランキング


「保護犬と幸せ」への8件のフィードバック

  1. 昨日も、ツイッターで 保護犬が戻されてた。
    なんだかなーって思ったけど
    戻してくれてありがとうだよね。
    しかし トライアル2Wぐらいするんだべ?
    それだけでは 足りないのかな?

    ツイッターで 可愛いこらと 阪神情報仕入れるのが
    楽しみだけど 時々こうして 哀しい情報もあって
    やりきれなくなるよ。
    ぶうたさんも 隊長さんも つまさんも
    幸せでよかったね。
    さて おばちゃんの幸せはどこにあるんでしょうかね~

  2. ★ こ助さん
    保護犬のトライアル、先代は保健所から直だったので、よくわかりませんが、ぶうたは好きなだけトライアルしてくださいと言われました。ぶうたは預かりボランティアさんから様子をうかがっていたので、だいたい予想通りだったかもしれません。1週間でわかることもあれば、変ってゆくこともあるでしょう。わんこだってお互いすぐに本性ださないかも?
    幸せの青い鳥は、足下にいるかもです。

  3. 内緒だけどね、、、ここで書いて内緒なのかな?(笑)

    デヴィの時は ビビって トライアル不合格って
    言われるかも~って 思ったけど
    今回は 思わなかったけど トライアル終了時に
    胸を張って うちの子に!っと 言える状況じゃなかった(苦笑)
    帰った方が幸せなんじゃないかと 思った。
    あ、帰るのは 預かりさん宅じゃなく
    本部の保護犬ハイムね。
    犬と上手に接する子なので ハイムでも大丈夫だし
    っと 思ったのです。
    現在 普通の家庭犬に成れるよう 家族揃ってガマン中(笑)

  4. やっぱり、頭の中で考えてるのと
    実際に起こることには
    どうしても違いが出てくるので
    なかなかすんなりとはいかない場合もあると思いますが
    ご縁が繋がって、未来が開けるケースが
    少しでも増えますように。

  5. うちの梅も保護犬と言えば保護犬なのかな~?
    茶々と梅の実家であるワンコ屋さんが、
    「保健所に連れて行くなんて許さない!!!」って
    元の飼い主さんの親類さんから引き離して来た。
    で、実家で一月半くらい過ごした上で我が家に来たんですよ。
    ワンコが変わっていくというのはわかります。
    茶々はだんだんおバカになり、
    梅はだんだんヒトを見て態度を決めるようになりました。

  6. ★ BOSS母さん
    内緒ですね。了解です(笑)

    私は、先代ぶうこのときに、うちでよかったのかな、お友達の○○ちゃんのお家に譲渡されてたら、うんと幸せだっただろうな、とかよく思ってました。けれども、保健所からの譲渡だったので、帰るところもなく、今思うとよくやれたと思います。(自画自賛)というか、怖いもの知らず?
    わんこを迎えるのに、がんばらないといけないなんて、迎えてから知ったという、若気のいたりでした。

    現在進行形で、家族でガマン中なのですね。つーちゃんと一緒にがんばろう!

  7. ★ emihanaさん
    保護犬の預かりボランティアさんは、たいてい
    犬のよくない場合を想定して、大丈夫かな~と思いながら譲渡しているような気がします。けれども、想定外なのは、迎えたご家族の対応とかだったりします。人とは移ろいやすいもの・・・なんちゃって。いえいえ、わんこだって変貌しますものね。

  8. ★ 松の実さん
    梅さんは、立派な保護犬だと思います。
    ブリーダーさんが繁殖に使えないので譲渡するわんこも、今時は保護犬というそうなので、よくわかりませんが、梅さんは、行く先がなくなりそうなところを保護された保護犬だと思います。
    不安もおありだったと思いますが、よくご決心されました。
    梅さんのその変貌ぶりはさすがです。
    お互いに観察しあってますよね。
    私は、先代の経験から、ぶうたがいつ反旗を翻すかと、ドキドキしていたのですが、今はどんな頑固爺になるか気がかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。