テーブル下にこい

  ( いつでもこいだ )
( いつでもこいだ )

ダンナ隊長が、いよかん むき始めました。

すると、音もなく 忍者のように 侍ります。

ダンナ隊長が、手を下ろすと

  ( あ~ん )
( あ~ん )

池の鯉のように

パクっと 口があいて

 ( あぐあぐあぐ )
( あぐあぐあぐ )

いよかんは、すーっと

吸い込まれてゆきました。

 ブランパンミックス
糖質制限のパン

新潟県の錦鯉は、泳ぐ宝石と言われます。

ぽちっと ひと押しお願いします →  にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

こちらも ↓ おしていただけると うれしいです。

人気ブログランキング

「テーブル下にこい」への2件のフィードバック

  1. お父さんのお父さんは
    山古志まで、鯉を買いに行っていたそうで
    子供だったお父さんも行ったことがあるそうです。

    それはともかく・・・
    ひとたび餌を投げ入れるや
    群がって来る鯉。
    かなりキモイ。
    いつも餌を上げようとしたことを後悔する瞬間。

    だけど、ぶうたさんみたいなわんこが
    群がってくれるのなら
    何キロだって、伊予かん落としましょうぞ。

  2. ★ emihanaさん
    お父さんのお庭の池に、鯉が優雅に泳いでいたのですね。
    お父さん、山の中で驚かれたのではないですか?
    小千谷が発祥の地だと聞いた気がしますが、
    山古志は中越地震のとき、海外のバイヤーさんもかけつけ
    鯉を移動して救ったそうです。

    そうそう、黒い鯉の群れの迫力たるや
    本当に恐ろしいばかりですよね。
    押し合いへしあいで、もし上陸してきたら逃げようと思ったことがあります。

    伊予かんが、ぶくぶく・・・・・・
    できれば小さくちぎってやってくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>