松島でお泊り

到着だ。
到着だ。

今夜は、宮城県の松島
ホテル大松荘
iconに泊まります。

わほーい♪
わほーい♪

ホテルのエレベーターでは、ドキドキしていたぶうたも
部屋に入ると、元気いっぱい。

すーはー。
すーはー。

タオルの袋も、見逃しません。

おらも。
おらも。

ダンナ隊長が、先にお風呂へ。
ぶうたと私は部屋で留守番です。

おらおら。
おらおら。

畳に腰を下ろすと、始まります。
ぶうたが、やってきて、ズリズリ。ゴロゴロ。ドンドコドン。

次いくだ。"
次いくだ。

頭をボサボサにして、ひとしきり、やると。

次は

乗るだ。
乗るだ。

乗ります。

そして

くかー。
くかー。

寝る。

今日は、ドッグランにも行ったし、ノーフォークテリアにも会えたし
青葉城に、宮城スタジアムに、かまぼこ工場(ぶうたは見てない)
と、もりだくさんだったね。お疲れさま。

おっと、ご飯、まだだ。

続く

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

人気ブログランキング


「松島でお泊り」への5件のフィードバック

  1. ぶう姉ちゃんのように、色んな所に行って
    見たことのない景色や風景を見せてね。

    それにしても座椅子と調和しとる!

  2. 和室と座卓と座イスとお茶と・・・
    洋犬の血が濃い?ぶうたっちなのに、
    なーんでそんなにも、しっくりと合っているんじゃろか!?

  3. 私がうら若き(笑)高校3年生のとき、アメリカ留学を決めたことでしばしのお別れ・・・と親戚中で石和温泉郷にあるとあるホテルに大集合、私のお別れ会?壮行会?を開いてくれました。

    その当時、まだペットを連れて泊まれる場所というのはほとんどなく、実家で飼っていたヨークシャーは獣医さんに預けると食事をしなくなる小心者だったため、「本当はダメなんですが・・・」というところをお願いしてわんこと一緒に泊まらせてもらいました。

    室内での万が一のアクシデントや、毛などのことがあってダメなのだろうと思っていたら、「いえ、畳が傷むんですよ・・・」とのお話でした。

    良い時代に生まれて良かったですねぇ、閣下♪♪

  4. 閣下!寛いでますね~。
    とってもいい表情で~す。

    最近、ペットと泊まれるお宿が増えているみたいで嬉しいですが…
    ルンぱぱが泊まりで出かけられる機会がなかなか無くて…残念です。

    ルン母はよく行ってるんだけどな~…。

  5. ★takiさん
    ワンコはみんな、座イスが好きなんじゃないでしょうか?
    ぶうこ姉も、よく、こうしていました。

    できるだけ、ぶうこ姉と一緒に行った場所には・・・と避けていたのですが
    この時期の松島だけは、はずせませんでした!

    ★レオままさん
    う~ん。そういえば、ぶうたの色は、座イスの色です。
    座卓の色にも、ぴったり!
    畳を掘ったりもしなかったので、日本文化もオッケー♪

    ★カメさん
    そうでしたか、そんなにお若いころから、アメリカに・・・よよよ。
    今なら、親御さんの心境がよくわかります。
    カメさん、すごいですね!勇敢ですね。
    私なんか、関西へ行くのも怖くて、あきらめて東京にしたのに。

    そのころ、ご実家でヨーキーと暮らしていたんですか!!ということは、半分ぶうたですね。
    ぶうたも、フードを食べなくて苦労しました。どのフードなら食べるかを、保護した方から教わっていました。それが今では・・・・・先日、急にK子先生の病院で1泊することがあったのですが、モリモリなんでも食べたそうです。

    ホテルの畳、伝統の畳ではなく、撥水効果がありそうな畳でした。なので、ホリホリしなければ、犬で傷めることはないと思います。ワンコ部屋仕様なのでしょうかねぇ。

    ★ルンぱぱさん
    増えましたね~。ワンコと一緒に泊まれる宿!
    ワンコと泊まるお客さん専用の宿も増えましたが、できれば、ワンコも日に1、2組泊まれる普通の宿(温泉ならなおうれしい)が好きです。でも、ワンコにしてみれば、ワンコに配慮した専用のお宿が、うれしいかもしれませんね。
    ワンコ嫌いワンコでなければ、ですけれど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。