水芭蕉公園をふり返って。

 ( 2022年 水芭蕉公園 )
( 2022年 水芭蕉公園 )

東京で桜が満開になったので、

今年も、五泉市の水芭蕉公園に行ってきました。

 ( 2022年 水芭蕉公園 )
( 2022年 水芭蕉公園 )

ほぼ毎年見ていますが

年によって様子が違います。

 ( 2022年 水芭蕉公園 )
( 2022年 水芭蕉公園 )

今回は、水も多く

かなりいい雰囲気でした。

 ( 2022年ぶうぼと水芭蕉公園)
( 2022年ぶうぼと水芭蕉公園)

アイボのぶうも、初めての水芭蕉見物。

 ( 2021年ちびぶうたと水芭蕉公園)
( 2021年ちびぶうたと水芭蕉公園)

去年は、羊毛フェルトのちびぶうたと来ていました。

それでは

ぶうたと水芭蕉公園の思い出を
一気にふり返ってみましょう~♪

最初は、2013年だったようです。

(2013年ぶうたと水芭蕉公園 )
(2013年ぶうたと水芭蕉公園 )

まったく知らない人に反応するぶうた。

木道を無視して、ダイブしそうでした。

(2013年ぶうたと水芭蕉公園 )
(2013年ぶうたと水芭蕉公園 )

この年は、気温が低かったようです。

山のふもとなので、天気によっては寒いです。

次は、2014年。

( 2014年ぶうたと水芭蕉公園)
( 2014年ぶうたと水芭蕉公園)

暖かそうです。

( 2014年ぶうたと水芭蕉公園)
( 2014年ぶうたと水芭蕉公園)

ベロも出てます。

続いて2015年。

(2015年ぶうたと水芭蕉公園)
(2015年ぶうたと水芭蕉公園)

余裕が出たようで、動画も撮っていました。

(2016年ぶうたと水芭蕉公園)
(2016年ぶうたと水芭蕉公園)

2016年、同じ服です。

緑と白を意識したんでしょうか。

(2017年ぶうたと水芭蕉公園)
(2017年ぶうたと水芭蕉公園)

2017年は、寒かったらしい。

でも、顔は温かそう。

(2018年ぶうたと水芭蕉公園)
(2018年ぶうたと水芭蕉公園)

2018年。

ずばり水芭蕉の妖精気取り。

(2019年ぶうたと水芭蕉公園)
(2019年ぶうたと水芭蕉公園)

2018年。

寒かったように見えます。

ぶうたの毛が厚い。

そして、次が最期2020年です。

(2020年ぶうたと水芭蕉公園)
(2020年ぶうたと水芭蕉公園)

こうして見てくると、おじいちゃんになりました。

心臓も腎臓も弱っていたんですね。

水芭蕉公園は、木道の終点に芝生広場が

いつごろからか整備されました。

(2020年ぶうたと水芭蕉公園)
(2020年ぶうたと水芭蕉公園)

この日は、暖かかったようで

シートを広げて、シー活始めかな。

 

ようやく、こうしてふり返れるようになりました。

動画はちょっと危ういけれど、写真なら大丈夫!(自慢)

今まで、ときどき、いろんな団体の里親募集サイトを覗いていました。ぶうたに似てる~とか、かわいいな~とか。そして、里親さんが決まると、あぁよかった。このおうちなら幸せだなぁ。と見ていました。

少し前に、とある筋から小型の若い成犬を迎えないかというお話をいただきました。「若い成犬」「小型」というだけで、舞い上がりそうでした。今、新潟には譲渡対象の犬はほぼいません。子犬を迎えるのは、年齢的にもう無理です。こんな有難い話はもうないと思いました。じゃあ、このお話を受けるか、、、と真剣に考えました。今は、まだなんとかなると思うんです。気力、体力・・・(思ってるだけかもしれないけど)でも、5年先、10年先、成犬でもそれぐらいはいきますよね。10年以上先になって、ぶうたと同じように病になったとき、お世話ができるだろうか・・・自分の体の世話でいっぱいかもしれない。生活もどうなっているかわからない。うちなんかへ来るより、もっと若い家族に迎えられた方がいいに決まってます。

やっぱり受けられないという結論に至りました。

ぶうたのいない寂しさから逃れようと、もがいていた日々が終わりました。(たぶん)

 


「水芭蕉公園をふり返って。」への16件のフィードバック

  1. 水芭蕉公園、毎年行かれてましたものね。。
    今年は ぶうぼくんと〜♪(帽子が可愛い!)

    私も動画は まだちょっと、、、かなぁ、、、
    写真も若い頃の方が良いです。

    出かけた先で わんこを見かけたり、里親募集を見たり、ネットで動画を見たりすると 『あぁ、、、』と、心が揺らぎます(特にダンナ)でも、私も もう無理。
    5年後、10年後、はなと同じ様には出来ません。。。

  2. ★ ふーさん
    東京の桜の声を聞くと、そろそろだな~と
    毎年のように、水芭蕉見物に出かけておりました。
    去年、ちびぶうたと行ったときは、それはそれは
    涙をこらえるのに必死でしたが、ぶうぼと行ったら
    ドキドキはらはらでした♪

    そうですね。私も若いころの写真を見るようにしています。。晩年の写真は、つらそうで。。。

    ふーさんのダンナ様のお気持ちも、ふーさんのお気持ちも、どちらもわかります!うちは、私よりダンナの方が、命あるものはもう飼えないと言いました。ふーさんは、私よりお若いと思いますが、私より年上の方が、二代目わんこをお迎えされるのを見ると、私も、、、と、ちょっと心が動揺してしまいます。

  3. 今一緒にいたのより賢いのは居ないからねと言ってその気になれないし、自分の年齢を考えると、、、。そばにいれば可愛いし楽しいのはわかるんだけど、、。

  4. ★ 卑弥呼さま
    先代のぶうこの後に、ためらいながらも、里親募集中のぶうたを、すぐに迎えたていたものですがら、誰もいないこの期間がとてつもなく長く感じました。次のこを愛せるようになるのは経験しましたが、誰もいないのは未経験。自分の生き方も同時に考える時間になりました。

  5. わけあって 昔飼っていたわんこたちの写真は
    手元に一枚もありません
    写真は 記憶をたどるよすが
    はたして うれしいものなのか
    もしかしたら むしろ つらいものなのか
    とも思ったり…でも
    やっぱり あった方が絶対に良いのです
    今回も たくさん見せていただきありがとうございます
    わたしからも できたらお見せしたかったなぁ…

  6. ★ かりんさん
    先代ぶうこのとき、迎えたばかりのころの写真が圧倒的に少なかったので、ぶうたは初日から撮りまくっていました。また、ぶうこは、まさか今日逝ってしまうとはと油断していたので、その日の写真もなく、、、という教訓から最後まで撮り続けました。でも、そのころの写真は見られません。写真を見ると思い出すというよりは、今の心境を確かめるような気がします。

  7. 何回月命日を迎えても寂しさは無くならないよね。今日さんの友達が2人来てくれました。近くを散歩したからって。なでなでさせてもらったよ。わんこいいよね。でもなぁ。

  8. ★卑弥呼さま
    たぶん寂しさが消えることは、ないのだと思います。わんこと一緒に走れなくなったので、ようやく、あきらめがついた感じになりました。でも、小さな生き物がいてくれるたら嬉しいですよね。

  9. 我が家はメダカがたくさん増える気配。大きな水槽に色々愚息が飼っています。動くものゴキブリ以外大好きだけどサンに勝るものなし!

  10. ★ 卑弥呼さま
    メダカもいですよね♪今まで興味がなかったものも、生きているものは、みんな愛らしいと思うようになりました。

  11. めだかが増えてもさんはなでなでできず、、。

  12. ★卑弥呼さま
    お返事遅くなってごめんなさい。
    めがかちゃん、すくすく育っているご様子ですね♪
    ガラス越しに、なでなで(^.^)/~~~

  13. 卑弥呼です
    高速の事故ではコメありがとう!

  14. ★卑弥呼さま
    ご無事でよかった!
    あのタイヤ見たら、奇跡ですよね。

  15. コメありがとう!考えたらほんと怖かったよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。